電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30〜21:00 /土日祝 9:30〜18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

刑事弁護・少年事件を
甲府の弁護士に相談

元検事が所属する刑事専門チームがサポートします

元検事 弁護士 若佐一朗

日本の刑事裁判では、有罪判決が言い渡される確率は、99%を超えているといわれています。つまり、検察官によって起訴をされてしまうと、ほぼ確実に有罪となり、前科が付いてしまうことになります。他方、起訴される事件は、3割程度と決して高い数字ではありません。そのため、刑事弁護においては、不起訴の獲得を目指すことが非常に重要となります。

しかし、起訴をするかどうかは、検察官が判断しますので、検察官がどのような事情を考慮して起訴の判断をするのかを把握していなければ、効果的な弁護活動を行うことはできません。ベリーベスト法律事務所には、10年以上にわたって検事を務めた経験のある弁護士が在籍していますので、検事が起訴する際のポイントを熟知しています。また、刑事事件の経験豊富な弁護士を中心に「刑事専門チーム」を組織しており、元検事の経験を有する弁護士とともに、勉強会や研修などによって常にスキルアップを図っております。

ベリーベスト法律事務所 甲府オフィスでも、元検事が率いる刑事専門チームと連携しながらお客さまの事案に対応いたしますので、安心してお任せください。刑事事件を起こして大切なご家族が逮捕されたしまったという場合には、ベリーベスト法律事務所 甲府オフィスまでご連絡ください。

悩み別解決プラン

calculator

前科をつけたくない
不起訴にしたい

calculator

被害者と
示談をしたい

calculator

職場・学校に
知られたくない

calculator

不起訴・執行猶予に
して欲しい

calculator

釈放・保釈
して欲しい

calculator

無罪を
証明して欲しい

calculator

自首に
同行して欲しい

calculator

家族と
連絡をとりたい

犯罪別解決プラン

迅速な弁護活動により早期の身柄解放を目指します

迅速な弁護活動により早期の身柄解放を目指します

刑事事件を起こして大切なご家族やご友人が逮捕されてしまったという場合には、すぐにベリーベスト法律事務所 甲府オフィスまでご連絡ください。

刑事事件の弁護活動は、時間との勝負といわれています。それには、身柄拘束の時間制限が大きく関係してきます。刑事事件で逮捕された場合には、警察は48時間以内に検察に送致をするかどうかの判断をしなければなりません。また、送致を受けた検察では、24時間以内に勾留請求をするかどうかの判断をしなければなりません。勾留請求が認められてしまうと、最長で20日もの間身柄拘束を受けることになりますので、それによる不利益は、はかり知れないものとなります。

不起訴処分を獲得するということももちろん重要ですが、身柄拘束をされたご本人のためには早期の身柄解放を実現することも非常に重要です。そのためには、検察官が勾留請求するまでの72時間以内にどれだけ効果的な弁護活動を行うことができるかにかかっています。早期に弁護士へご依頼いただくことによって、被害者との示談交渉、検察官への働きかけ、ご本人との面会などさまざまな弁護活動を行うことが可能になります。大切なご家族やご友人が逮捕されてしまった場合には、一刻も早くベリーベスト法律事務所甲府オフィスまでご連絡ください。

甲府で刑事事件に詳しい弁護士をお探しの方へ

甲府市およびその周辺エリアにお住まいの方で、ご自身が刑事事件の加害者として関わってしまったという場合やご家族やご友人が逮捕されてしまったという場合には、ベリーベスト法律事務所 甲府オフィスまでご相談ください。

ベリーベスト法律事務所は、全国に複数の拠点を有し、多数の弁護士が所属する大規模法律事務所です。元検事の弁護士も在籍していますので、検事の経験を踏まえた適切な弁護活動を行うことが可能です。起訴・不起訴を判断するのは検察官ですので、検察官が起訴・不起訴を判断するにあたって重視する要素や事情を熟知しているというのは大きな強みです。日本の刑事裁判では、検察官によって起訴されてしまうと99%以上の確率で有罪となり、前科が付いてしまいます。前科が付いてしまうと社会的な信用を失い、その後の生活や就労にも大きな影響が生じてしまいます。これらの事態を回避するためには、弁護士のサポートが不可欠です。

また、逮捕後勾留前の期間は、たとえ家族であってもご本人と面会をすることはできません。その期間にご本人と面会することができるのは弁護士だけです。身柄拘束を受けるというのは多くの方が初めて経験することです。そのような不安な環境下で、捜査機関から過酷な取り調べを受けてしまうと、やってはいないことも事実だと認めてしまうことがあります。一度不利な内容の調書がとられてしまうと後日それを覆すことは非常に難しくなります。そのため、身柄拘束を受けた場合には、弁護士が早期に本人と面会をして取り調べに向けてのアドバイスをすることが重要です。

身柄拘束を受けてからすぐに弁護活動を開始することができれば、被害者との示談交渉、検察官への不起訴処分に向けた働きかけ、身柄解放に向けた環境整備などさまざまなことができるようになります。刑事事件は、時間が勝負といわれているように、早期に弁護活動を開始できるかどうかによって、最終的な結果が大きく異なることがあります。

刑事事件の当事者になってしまったという場合には、早期に弁護士に依頼をすることによって、最終的な処分が決定されるまでの間に効果的な弁護活動を行うことができます。それによって身柄解放や不起訴処分の獲得といった有利な結果が得られる可能性が高くなります。甲府市およびその周辺エリアにお住まいの方で、ご自身が刑事事件の加害者として関わってしまったという場合やご家族やご友人が逮捕されてしまったという場合には、ベリーベスト法律事務所 甲府オフィスまでご相談ください。事件の早期解決に向けて弁護士が全力でサポートいたします。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

甲府オフィスの主なご相談エリア

甲府市、富士吉田市、都留市、山梨市、大月市、韮崎市、南アルプス市、北杜市、甲斐市、 笛吹市、上野原市、甲州市、中央市、 市川三郷町、早川町、 身延町、南部町、富士川町、昭和町、道志村、西桂町、忍野村、山中湖村、鳴沢村、富士河口湖町、小菅村、丹波山村

ページ
トップへ